いまのサッカー界に欠かせない存在となったスポーツディレクター。最近ではかつての名選手が就任するケースも増えてきた。

ここでは、『sportskeeda』による「現サッカー界におけるSD、トップ8」を見てみよう。

ミヒャエル・ツォルク(ドルトムント)

ミヒャエル・ツォルク

近年のドルトムントの成功において、大きな貢献をしてきた人物だ。

現役時代はドルトムント一筋にプレーしたツォルクは、ブンデスリーガやCLのタイトルを獲得した後に36歳で引退。その後、SDに就任すると現在まで在籍しており、2021年までの契約を結んでいる。

彼の在任期間において、チームは黄金期を経験。ブンデスやDFBポカールなどのタイトルを獲得したほか、ユルゲン・クロップやトーマス・トゥヘルら世界最高レベルの監督も引き入れた。

だが、ツォルクについて最も印象的なのは、選手売却のセンスだ。彼の戦略は、若い選手を育てて大舞台にいざなうというもの。

最もいい例は、今季大ブレイクを果たしたジェイドン・サンチョだ。

そして、ツォルクの戦略によって、近年のドルトムントは大金を得ている。直近の例が、チェルシーに5800万ポンド(80億円)で売却したクリスティアン・プリシッチである。その他、イルカイ・ギュンドーアン、ウスマヌ・デンベレなど多数。

2017年にはそのビジネスセンスに目をつけたアーセナルからヘッドハントを受けるも、ツォルクはBVB残留を決めた。