柏レイソルから伊東純也を期限付きで獲得した、ベルギー1部のKRCヘンク。

現在リーグで首位を走るこのクラブは、かつて鈴木隆行氏が2002-03シーズンに在籍したことでも知られている。

ヘンクは2つのクラブが合併して1988年に誕生。以来チームカラーをブルーに定め、ユニフォームもブルーをメインに使うものが多い。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

KRC Genk 2018-19 Nike Home

KRCヘンク 2018-19 Nike ユニフォーム

今季のユニフォームはNikeのテンプレートで、幾何学模様が特徴の「チャレンジ2」を採用している。ブルーは街(ヘンク)の旗や紋章にも使われている色だ。胸スポンサー「BeoBank」はベルギーの銀行。

KRCヘンク 2018-19 Nike ユニフォーム

両袖のスポンサー「FEDERALE」は保険会社。ロゴマークのデザインが個性的な背中上スポンサー「Car Glass」は、自動車の窓を修理・交換する企業。背中下の「BRUNO」はガソリンスタンドで、背中はどちらも自動車関連となっている。

KRCヘンク 2018-19 Nike ユニフォーム

今季はUEFAヨーロッパリーグを戦うヘンク。EL用のユニフォームは背中と両袖のスポンサーロゴを外す。

KRCヘンク 2018-19 Nike ユニフォーム

コンプリートルックは全身ブルーが基本形となる。伊東にとってブルーは、ヴァンフォーレ甲府や日本代表など、何かと縁のある色だ。