今冬のマーケットでMLSのトロントFCを退団した元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ。

新たな活躍の場としてサウジアラビアリーグの名門アル・ヒラルを選ぶこととなり、12日のアル・カディシヤー戦で初出場を果たした。

62分にアンドレ・カリージョとの交代でピッチに入ったジョヴィンコは、それから18分で初ゴールをゲットする。

ジョヴィンコにラストパスを出したのは、かつてガラタサライで長友佑都とともにプレーした元フランス代表FWバフェタンビ・ゴミス。

【関連記事】中島翔哉がカタールでプレーすべき5つの理由

今冬のマーケットで加入した2名の新戦力がいきなり素晴らしいコンビネーションを見せたということで、AFCチャンピオンズリーグ出場を控えるアル・ヒラルにとっては非常に重要なゴールになりそうだ。