日本サッカーの2019シーズンが幕開け!

16日、埼玉スタジアム2002で富士ゼロックス・スーパーカップの川崎フロンターレ対浦和レッズが行われ、川崎が1-0で勝利した。

決勝ゴールを決めたのは、今年加入したブラジル人FWレアンドロ・ダミアン!

後半、左サイドからのクロスを高い打点のヘッドで落とすと、一度は浦和に防がれたもののこぼれ球を左足のボレーシュートで叩き込んだ。

ロンドン五輪で得点王を獲得し、ビジャ(ヴィッセル神戸)とともに「大物」として迎えられた29歳が、いきなりその前評判通りの働きを見せた形だ。

【関連記事】大迫を超えろ!今年「大化け」が期待される5名の日本人ポストプレーヤー

川崎は点差以上の強さでこのタイトルを初めて獲得。Jリーグ3連覇、そしてACL初制覇へ向けて幸先の良い出だしとなった。