2018年の明治安田生命J1リーグを優勝し連覇を達成した川崎フロンターレ。今季もJリーグ王者としてAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に臨む。

その川崎Fが11日、ACLで着用する新ユニフォームを発表。13日から販売を開始した。胸に日の丸を付けたこのキットで、悲願のアジア初制覇を目指す。

なお、今回はACLユニフォームと一緒に、2019シーズン用ホームキットの記事ではお届けできなかったJリーグ用のアウェイ・GK両ユニフォームもご紹介したい。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Kawasaki Frontale 2019 Puma ACL Home

J1 川崎フロンターレ 2019 Puma ACL ユニフォーム

今季のACLホームキットはヘザー(杢)調のデザインを採用。ACミラン、ボルシア・ドルトムント、オリンピック・マルセイユと言った世界的なクラブも使うこの柄で、サポーターの「エナジー」を表現している。胸スポンサー「FUJITSU」のロゴは、昨季と同様にフォントを変更となった。

J1 川崎フロンターレ 2019 Puma ACL ユニフォーム

肩から袖にかけてはプーマ伝統の「アパレルフォームストリップ」をあしらい、クルーネックが特徴的な、『LIGA Collection(リーガ コレクション)』のデザインを採用している。

J1 川崎フロンターレ 2019 Puma ACL ユニフォーム ネームナンバー

ACL用ネームナンバーのフォントは、昨季から継続使用となる。