『Shieldsgazette』は25日、「ニューカッスル・ユナイテッドのラファエル・ベニテス監督は、武藤嘉紀を使わない理由について話した」と報じた。

先月行われたアジアカップに出場したあとニューカッスルに戻った武藤嘉紀。しかしミゲル・アルミロンらを補強したチームの中で出場機会を失っており、ハダーズフィールド相手に2-0と勝利した土曜日の試合でもベンチ入りせず。

なぜ武藤は起用されないのか?それを聞かれたベニテス監督は以下のように答えたという。

【関連記事】「欧州移籍を噂される日本人Jリーガー」

ラファエル・ベニテス

(武藤嘉紀はなぜ使われていないのか?)

「彼はうまくやっていて、よく練習している。

武藤のケースで言えば、我々はもうひとりセカンドストライカーとしてプレーできる選手を必要としていたのだ。

ただ、我々は彼には満足している。とてもポジティブな男だし、いつも本当に努力している。

ただ、彼はこのチームに入っていくためにはさらに努力を続けていく必要があるよ」

(負傷中のジョンジョ・シェルヴェイとモアメド・ディアメはどうなる?不在中に起用されたショーン・ロングスタッフとアイザック・ヘイデンがうまくやっているが))

「残念なことだが、試合には18名の選手しか連れて行くことが出来ない。何名かは待たなくてはならないんだ。

ジョンジョか。どうなるかは見てみよう。明らかに、試合に向けてのフィットネスがどうなるかが問題だ。現時点ではね」