年が明けるといよいよ欧州では冬の移籍市場が開幕する。

そこで今回は、夏以降に欧州への移籍を噂された選手たちをまとめてみた。この冬、日本人選手の欧州挑戦はあるのだろうか?

田川 亨介(サガン鳥栖)

田川 亨介

移籍の噂:レスター(イングランド)

あのレバンドフスキに憧れる左利きの本格派ストライカー。

東京五輪のエース候補でもある19歳は今季、J1開幕戦でPKによってゴールを記録したものの、その後はフェルナンド・トーレス、金崎夢生が加入したこともあり出場機会を減らす。

しかし代表戦ではトゥーロン国際大会のポルトガル戦やU-19ブラジル代表との親善試合でゴールを記録するなど潜在能力の高さを示しており、今夏、岡崎慎司が所属するレスターへの移籍報道がなされた。

フィジカル、スピード、左足の強烈さに我の強さもあり、日本人が好む狭いエリアでのサッカーよりは海外のよりシンプルなサッカーのほうが合いそうだ。