アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャという元バルセロナ選手を獲得してきたヴィッセル神戸。

さらに、バルサから選手補強を行う可能性が高まっているようだ。現地カタルーニャメディアが報じ始めている。

【関連記事】ビジャで11人目!「Jリーグでプレーした元バルセロナ選手たち」

『Esport3』や『El Nacional』によれば、バルサに所属するスペイン人MFセルジ・サンペルの日本行きが濃厚になっているという。

サンペルは1995年生まれの24歳。6歳からバルサのカンテラで育成されてきたピボーテだ。

"NEXTブスケツ"として期待されてきたが、レンタル先で大怪我に見舞われるなど最近は苦しんでいる。今季もコパ・デル・レイで33分間プレーしたのみで、エルネスト・バルベルデ監督の構想からは外れているという。

サンペルは火曜日にも日本に飛び、神戸と4年契約を結ぶ見込みとされている。バルサとの契約は今季末まで残っているが、移籍金はなしになるとも。