いよいよ開幕した2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ。試合はもちろんだが、各チームのユニフォームを見るのも楽しみである。

ここでは日本勢が参戦する東地区(グループE~H)から、全16チームのユニフォームを紹介しよう。画像が未掲載のキットについては、可能な限り随時更新を予定している。

【関連記事】ついに開幕!アジアカップ2019「出場全24か国」ユニフォームまとめ

■グループE

慶南FC(韓国)

ACL2019 ユニフォーム 慶南FC

ユニフォーム:2019/Hummel/ACLモデル(ホーム、アウェイ)

ACL初出場の慶南には、日本人FW邦本宜裕(元アビスパ福岡)が昨季より在籍。ユニフォームのデザインは伝統的に“たすき掛け”が多い。

ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)

ACL2019 ユニフォーム ジョホール・ダルル・タクジム

ユニフォーム:2019/Nike/ホーム、アウェイ

マレーシア勢唯一の本大会出場チーム。画像のユニフォームは国内リーグ用で、ACL用には別デザインを投入する可能性も。

鹿島アントラーズ(日本)

ACL2019 ユニフォーム 鹿島アントラーズ

ユニフォーム:2019/Nike/ACLモデル(ホーム)

アジア王者として臨む鹿島。ユニフォームは基本的にJリーグ用と同じで、スポンサーは「LIXIL」のみ。胸の中央には王者の証であるチャンピオンパッチが付く。

山東魯能泰山(中国)

ACL2019 ユニフォーム 山東魯能泰山

ユニフォーム:2019/Nike/アウェイ

初戦の慶南戦では白のアウェイキットを着用。ホームは現時点で画像未掲載だが、伝統的にオレンジで彩る。