酒井宏樹と昌子源がプレーするリーグアン。この冬に香川真司の獲得が噂されていたのは、ボルドーだ。

先月末、そのボルドーは就任からわずか5か月だったブラジル人監督ヒカルド・ゴメス氏を解任。そうした中、ボルドーの元セネガル代表MFユヌス・サンカレはここ3試合を欠場している。

PSGでデビューした29歳のサンカレはかつてはフランスのユース代表として期待されていた選手だ。

『SO FOOT』によれば、仰天の理由では試合を欠場しているという。

欠場理由は、「ヒゲの植毛」によって引き起こされた合併症と発熱だそう。プライベートで受けたインプラント手術が原因となり体調を崩してしまったようだ。

【関連記事】「驚きの理由で突然引退した5人」

監督が解任されるなか、そんなことになっていたとは…。ボルドーは現在13位。復帰後のサンカレのプレーに注目したい。