スポーツ用品メーカーのNikeは11日、6月に開幕するFIFA女子ワールドカップに出場する14か国のホーム・アウェイ両ユニフォームを一斉に発表した。

同日、開催国フランスの首都パリで14か国の代表選手28名が一堂に会し、ユニフォーム姿のお披露目となった。

Nike 2019 FIFA女子W杯 全ユニフォーム

今大会でNikeのウェアを使用する14か国は、開催国フランスを筆頭にイングランド、ノルウェー、オランダ、アメリカ、カナダ、ブラジル、チリ、ナイジェリア、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、韓国。Nikeは出場26か国の過半数を超える“最大勢力”となった。

同社の最高経営責任者兼代表取締役のマーク・パーカー氏は、『今年の夏は女子フットボールの成長にとって、一つの転換期となり得ると信じています。』と述べ、今後も女子アスリートへの強固な支援と、革新的かつ魅力的なプロダクトデザインの提供に務めるとしている。

Nike ユニフォーム

またNikeではフットボールキットに、再生プラスティックボトルを原料として使用。2010年以来60億本のプラスティックボトルを有効利用してきた。6月のW杯出場チームが着用するウェアにも、こうした再生資源が使われている。

Qolyでは今回発表となったW杯出場各国のユニフォームを、順次お伝えする予定だ。