ジネディーヌ・ジダン監督を復帰させたレアル・マドリーはリーガ第28節でセルタと対戦。サンティアゴ・ベルナベウでの一戦に2-0の勝利を収めた。

 

指揮官はスタメンにGKケイロル・ナバス、DFマルセロ、MFイスコを抜擢。前任者ソラーリからは干されていたイスコは先制点を叩き出し、マルセロもギャレス・ベイルの2点目をアシストしてみせた。

また、ナバスも持ち前のスーパーセーブでクリーンシートに貢献。『Marca』によれば、試合後のインタビューでこう述べたという。

ケイロル・ナバス(レアル・マドリーGK)

「僕の練習がひどいと言っていた人間は白状しなければいけない。

僕のことも知らなければ、バルデベバスでの練習も一度も見たことがないと。

ここでは誰もが僕がいかに練習しているかを知っている。

トンネルの最後には必ず光が待っている。そのために自分は取り組んできた。

今は楽しみたいね。自分は今を生きるのが好きだ。

今日、日が昇った(夜が明けた)。自分の働きたいという欲求がなくなったことはない。

常に貢献しようとしている。この状況から、より強い欲求とともにより強くなる」

【関連記事】ナバスを置き換えろ!レアルが獲得すべき5名のGK

すでにコパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退しているレアル。今後はリーガの戦いのみとなるが、GKは2人を併用する形になるのだろうか。