17日に行われたベルギーリーグ第30節、ズルテ=ワレヘム対ヘンクの試合でついに伊東純也が欧州での初ゴールを決めた!

2試合連続のスタメン出場となった伊東純也は、1-0で迎えた前半19分に右サイドを突破してクロスを送り、マリノフスキーの同点ゴールをお膳立て(※動画1:24~)。

そして39分には逆に右サイドからのクロスボールをフリーで合わせ、ベルギーリーグ移籍後初ゴールを決めた(※動画2:21~)。

ヘンクはこのあと61分にトロサールの追加点が決まって1-3とリードするも、終盤に2点を返されて引き分けとなっている。

【関連記事】ベルギー1部でプレーした7名の日本人選手、全員分かる?

ベルギーリーグはこの30節でレギュラーシーズンが終了。ヘンクは首位で上位プレーオフへと進出することになった。