UEFAチャンピオンズリーグでショッキングな敗退を喫したPSG。

だが、リーグアンでは断トツの首位を走っており、直近のトゥールーズ戦にも1-0で勝利している。決勝ゴールを決めたのは、キリアン・エムバペだ。

 

そのエムバペをトーマス・トゥヘル監督が動物に例えた。『L'ÉQUIPE』によれば、会見の席でこう口にしたという。

トーマス・トゥヘル(PSG監督)

「彼には途方もないメンタルがある。そして、常に得点したがっている。

サメだよ。もし血を一滴でもたらせば、やられてしまう。

桁外れの選手だ。

ゴールを感じ取った時、そこにいる。

どんな練習でも常にゴールへの準備ができているよ」

【関連記事】エムバペはゴール中毒!?練習の取り組み方が異次元すぎる

ゴール前で少しでも得点をチャンスがあれば、それを嗅ぎ付けて仕留めてしまうといった感じだろうか。