『Corriere della Sera』は5日、「イタリア・セリエAのミランは、トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督を引き抜きたいと考えている」と報じた。

記事によれば、今季アーセナルからミランへとやってきた新CEOイワン・ガジディス氏が、新しい監督としてポチェッティーノ氏を「理想的な候補」と定めたそうだ。

現在ミランを率いているジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できるかどうかにかかわらず今季終了後に解任される可能性が高まっている。

そして、ガジディス氏はチャンピオンズリーグに出場できる場合のみポチェッティーノ監督の引き抜きに動けるという。

ミランの内部では現在ガットゥーゾ監督とフロント、特にディレクターのレオナルド氏との間に意見の相違があり、混乱した状況にあると伝えられている。

【関連記事】「ユーヴェ&ミラン&インテル」全てでプレーした激レア選手たち

その中で、クラブを安定させることに長けているポチェッティーノ監督がやってくるのならば、もちろん大きな助けになりそうではあるが…・