『Planet Football』は12日、「マウリシオ・ポチェッティーノ監督を表す13の言葉」という記事を掲載した。

2013年夏にエスパニョールからサウサンプトンにやってきたポチェッティーノ。2年後にトッテナムへ移り、チームをTOP6の常連に引き上げることに成功した。

世界屈指の名監督と呼ばれるようになった彼の哲学とは?

アルゼンチンの記者マルティン・マスルの談

ニューウェルス・オールドボーイズの下部組織で育ったポチェッティーノ。マルセロ・ビエルサ監督によってプロデビューを果たす。

マルセロ・ビエルサ
「一部の選手は、スパイクを脱ごうかという時が近づいた時に『監督になりたい』と気付く。

しかしマウリシオ・ポチェッティーノに関して言えば、キャリアの最初の日から監督のようなものだった。

ニューウェルス時代、彼はマーキングに責任を持つキープレーヤーだった。しかし、彼の仕事はピッチ上のことだけではなかった。

マルセロ・ビエルサ監督は彼だけでなく若い選手に命令していたんだ。戦術的な仕事をね。

ビエルサはしばしばポチェッティーノに対戦相手の戦術のスカウティングをするよう頼んでいた。そしてその情報を期待していた。

その時の選手の18名中15名が後に監督になったのは驚きではないよね」