ジネディーヌ・ジダン監督を復帰させたレアル・マドリーはこの夏にチーム改革を断行するとも噂されている。

補強ターゲットのひとりとされているのは、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール。そうしたなか、ジダン監督が彼について触れたようだ。

『Marca』によれば、こう述べたという。

ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー監督)

「私がずっと好きだった選手だ。皆そのことを知っている。

彼はフランスでプレーしていたので、私はよく見ていたし、個人的にも知っている。

素晴らしい選手だ、それしかない。

私は退団させたい選手も残留して欲しい選手も決めていない」

【関連記事】アザール退団なら…チェルシーが獲得すべき5人の超アタッカー

一方、『El Chiringuito』では、ジダンは「アザールについての個人的見解は明かさない。我々はシーズン後、もしくは来季の始まりのタイミングで(補強を?)やるだろう」と口にしていたとも。