この冬にベルギー1部のヘンクに移籍した伊東純也。先日スーパーゴールを決めた快速アタッカーは新天地で先発の座を掴んでいる。

プレーオフ3節のヘント戦にもスタメン出場。2-1で勝利した一戦では得点こそなかったものの素晴らしいパフォーマンスを見せていたようだ。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカまでに絶対に試すべき5名

現地での評価と人気は確実に高まっているみたいだぞ!

『HBvL』

「後半、我々はすごい伊東ショーの目撃者になった。なんて選手なんだ!」

「ヘンクサポーターは新たなお気に入りを見つけた、それは伊東だ。

この日本人は驚異的なものを見せつけている」

『Nieuwsblad.be』

「エンターテインメントは主に伊東によって提供された。

この日本人は右サイドでの駆け上がりで毎週毎週見る者を魅了している。

『Ito!Ito!』という声がスタジアムに響き渡った」

この日、2ゴールの活躍だったウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーと伊東のコンビは『Malito』との異名で呼ばれており、ヘンクの攻撃力の源になっているとも。

「なんてデュオだ!」と絶賛されていたのだが、マリノフスキーは94分に一発退場…。次節、『Malito』は一旦お預けとなる。