近年の低迷からようやく復活を遂げつつあるオランダ代表。その主軸のひとりであるフレンキー・デ・ヨングは来季からバルセロナへ移籍することが決まっている。

アヤックスの同僚であるDFマタイス・デ・リフトもビッグクラブ行きが確実視されている選手だ。

そうしたなか、アヤックスのエリク・テン・ハフ監督が注目の発言をした。『voetbalzone』などによれば、指揮官は『Süddeutsche Zeitung』のインタビューにおいてこう述べたという。

エリク・テン・ハフ(アヤックス監督)

「彼がここに残るであろう可能性はゼロだ。

非常に多くのクラブが彼に興味を示している。

ただ、バイエルン・ミュンヘンになるのか、バルセロナになるのかは分からないね」

「今のチームはガッツとクリエイティビティを持ってプレーしている。それは彼がキャプテンだからでもある。

彼には度胸があるんだ。多くのオランダ人選手はボールを持ちたがる。だが、デ・リフトは守備をするのも好む」

来季残留する可能性はゼロだと口にしていたという。

【関連記事】 「大転落からの復活!オランダ代表を牽引する6人のキーマン」

移籍先については、バイエルンとバルサの名前を出していたというが果たして…。