かつてACミランで副会長やCEOを歴任して、クラブの黄金期を支えたアドリアーノ・ガッリアーニ氏。

同氏のファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)についての発言が話題になっている。

【関連記事】 ファン投票で選ばれた「ミラン最悪の選手」ワースト5

『calciomercato.com』などによれば、ミランがFFPを巡る問題で再調査を受けることになった件に関連して、こう述べていたという。

アドリアーノ・ガッリアーニ

「私からすれば、このシステムは正しくない。

我々は2度も倒産したクラブを、3年間でセリエA、ヨーロピアンカップ、インターコンチネンタルカップ優勝へと導いた。

今日ではそれは不可能だろう。

FFPがあったなら、チャンピオンズリーグを5度勝ち取ったベルルスコーニのミランは存在しなかっただろうね」

「我々がミランを買った時にFFPがあったなら、5度のCL優勝はなく、残留を争っていただろう」とも口にしていたとも。