プレミアリーグ第34節、リヴァプール対チェルシーのビッグゲームがアンフィールドで行われた。

5年前にはスティーヴン・ジェラードのスリップ事件があったこの対決。大きな注目を集めるなか、ホームのリヴァプールが2-0で勝利することに成功した。

特にムハンマド・サラーが決めた2点目のゴールは凄かった(以下動画4分10秒~)。

 

ファン・ダイクからのフィードを受けると、遠目から左足を一閃!豪快なシュートをネットに叩き込んでみせた。『BBC』によれば、ユルゲン・クロップ監督もこう讃えていたそう。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「ブリリアントなゴールだった、ワールドクラスだ。

本当に本当にいいゴールだった。

私は最高の位置から見ていたよ。なんてフィニッシュ、なんてシュートだ。

Wow、ブリリアントだね」

【関連記事】 「リヴァプール、今季最も過小評価されている3人の実力者」

今年1月以降、一度も負けてないリヴァプール。ミッドウィークのCLポルト戦にいい形で臨めそうだ。