先週末のJ1で鹿島アントラーズを撃破したFC東京。

17歳の久保建英が復帰した今季はここまで5勝2分と未だ無敗で、首位のサンフレッチェ広島と勝点17で並び、得失点差で2位に付けている。

鹿島との試合では前半だけで3点を奪い勝負を決めたが、その火付け役となったのが元日本代表DF森重真人のこのフィードからだった。

利き足とは逆の左足で、低弾道の高速フィード!

この森重の逆サイドへの展開、そしてその後、室屋成のクロスから左右に振られた鹿島の守備陣は混乱し、永井謙佑の先制ゴールへと繋がっている。

【関連記事】今度こそ!FC東京入りが噂された5名の「超大物」

日本代表に呼ばれなくなって久しい森重だがまだ31歳。その能力の高さは疑いの余地がないところだ。