バイエルン・ミュンヘンとドイツ代表の守護神として君臨してきたマヌエル・ノイアー。

だが、最近は怪我に苦しんでおり、フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でふたたび故障してしまった。

そうした中、『Bild』が気になる情報を伝えている。現地時間明日、ノイアーは記者会見に出るという。

通常は負傷している選手は会見に出てこないため、異例のことだとされている。ノイアー自身が会見を先延ばしにすることを嫌がったとのこと。

怪我自体は重傷ではなく2週間ほどの離脱になる見込み。また、本人もシーズン終了までに戻ってくることに意欲を示している。

【関連記事】バイエルン、今季で「整理」すべき5名の選手

ただ、33歳の守護神が何を語るのか、現地では注目されているようだ。