『Tuttosport』は17日、「マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァンは、今夏のマーケットで退団する可能性が高い」と報じた。

今シーズンはフランスリーグで15ゴールを決めているトヴァン。右サイドでコンビを組む酒井宏樹と非常に仲がいいことでも有名だ。

彼には多くのクラブが関心を寄せており、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンが有力であると言われる。

しかし今回の報道によれば、ミランはセビージャに貸し出しているポルトガル代表fWアンドレ・シウヴァを譲渡するプランを持っているそう。

【関連記事】復活間近?ミランの選手はどんな給与を受け取っているのか

また、ミランはトヴァンを獲得することによってスソを他のチームに放出することができ、それによって3800万ユーロ(およそ48.8億円)の収益を見込んでいるとも伝えられている。