ウナイ・エメリ体制でトップ4入りを目指すアーセナル。今夏の移籍市場では指揮官主導による本格的な動きを見せるとも噂されている。

ここでは、『sportskeeda』による「ロラン・コシエルニの後釜になりうるお買い得な3人」を見てみよう。なお、33歳になったコシエルニとの契約は2020年まである。

【関連記事】 「アーセナル、スカッド強化のために獲得しうる3人の新鋭」

ウィリ・ボリ(ウォルヴァーハンプトン)

ウィリ・ボリ

彼は今季のプレミアリーグで最も過小評価されているCBのひとりだ。

アーセナルがこのフランス人を狙っているという話はまだない。とはいえ、今季の印象的なパフォーマンスからすれば、補強リストに加えるべきだろう。

守備についてはほぼ全てを兼ね備えた完成されたディフェンダーだ。復活したウルヴスにおいて重要なファクターになっている。

エアデュエル、タックル、インターセプトのスタッツは全てでコシェルニを凌駕。(獲得すれば)即アップグレードになる存在と言ってもいいかもしれない。

2000~3000万ポンド(29~43億円)ほどの移籍で獲得できうる。プレミアリーグにおける一貫したパフォーマーとしては、お買い得な価格だろう。