セリエA第33節、ユヴェントスはフィオレンティーナとのライバル対決に2-1で勝利。この結果、リーグ8連覇が決まった。

ミッドウィークのCLでは失意を味わったユーヴェだが、国内での圧倒的強さは健在。この日は無得点に終わったクリスティアーノ・ロナウドも試合後には嬉しげな様子だった。

そのロナウドや一部選手、アッレグリ監督は優勝後に頭が泡だらけに…。一体なぜだったのか。

泡

やったのは、コロンビア代表フアン・クアドラード!

ロナウドに背番号7を譲った彼は背中におぶさると、スプレーを思いっ切り吹き付けていたのだ。

クアドラードとロナウドと泡

実はこのお祝いはクアドラードが何年間も続けてきたもの。

これまではアッレグリ監督が餌食になってきたが、ロナウドも標的にされたようだ。

【関連記事】 2018-19、プレミアリーグ!全チームの「背番号7」をまとめてみた

そのアッレグリ監督は、とても嬉しいし、これは偉業だとコメント。また、アトレティコ・マドリーに敗れた後のボローニャ、ナポリのアウェイ2連戦で連勝できたことが優勝の決め手になったとも述べていた。