UEFAチャンピオンズリーグで強豪を撃破してベスト4に辿り着いたアヤックスとトッテナム。ファイナル進出をかけた準決勝で対峙することになった。

そうしたなか、トッテナムDFヤン・ヴェルトンゲンの発言が話題になっている。ベルギー代表でもある彼は2003~2012年までアヤックスでプレーした選手だ。

トッテナムDFヤン・ヴェルトンゲン

『Voetbal International』によれば、古巣との対戦は特別なものになるだろうとしつつ、こうも述べていたそう。

ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナムDF)

「もしアヤックスがプレミアリーグでプレーしていたら、TOP4かTOP6を争っていただろうね。

100%の確信があるよ。

中立のファンにとっては、最高の試合になると思うな」

アヤックスにはプレミアリーグで上位になれるほどの力があると考えているようだ。また、彼は親友デイリー・ブリントとの対決も楽しみにしているとのこと。

【関連記事】ヴェルトンゲンと母親と「日本車」との素敵な話が泣ける

注目のセミファイナルは1stレグが5月1日、2ndレグが5月9日に行われる。