史上初のCL3連覇から一転して試練のシーズンとなっているレアル・マドリー。

ジダン監督復帰後はケイロル・ナバスとティボー・クルトワとの正GK争いにも注目が集まっている。

ここでは、『sportskeeda』による「レアルがクルトワの代役として獲得しうる候補」を見てみよう。

【関連記事】 「プレミアリーグに移籍すべき、レアル・マドリーのスター3人」

ジャンルイージ・ドンナルンマ(ミラン)

ジャンルイージ・ドンナルンマ

2015-16シーズンにブレイクしたイタリアの天才児はこれまでもレアル移籍が噂されてきた。

弱冠20歳ながらレギュラーを奪取してからすでに4年。欧州で最もホットな若手のひとりになっている。

長身で屈強ながら驚異的な反応まで兼備。偉人ブッフォンの後継者として評価されており、今季はクルトワよりいいスタッツを記録している。ドンナルンマのほうが出場試合数は多いにもかかわらずだ。

まだまだ若い彼には成長するための余地が大いに残されている。今後10年間はハイレベルのパフォーマンスを約束してくれるはずであり、価値ある投資になるだろう。