『Talksport』は25日、「チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、レアル・マドリーに対して大きな給与を要求した」と報じた。

チェルシーとの契約が2020年6月30日までとなっており、今夏チームを離れる可能性があると言われているアザール。移籍先として最有力とされているのがレアル・マドリーだ。

記事によれば、アザールは彼を獲得しようとしているレアル・マドリーに対し、現在「年俸2000万ユーロ(およそ24.9億円)」という条件を要求しているようだ。

チェルシーは彼の移籍金を1億ユーロ(およそ124.3億円)と設定しており、レアル・マドリーの入札額は8000万ユーロ(およそ99.5億円)であると言われている。

また、エデン・アザールはレアル・マドリーに対して「10番を明け渡すように」と求めているとのこと。

【関連記事】アザールが退団するなら…チェルシーが獲得すべき5名のアタッカー

レアル・マドリーの10番はルカ・モドリッチが着用しており、彼はそれを手放す意思がないことから、クラブもかなりこれには悩んでいるようで…。