UEFAチャンピオンズリーグ準決勝、バルセロナはショッキングな敗退を喫した。

リヴァプール相手に3-0で先勝していたのだが、アンフィールドでは0-4で大敗。まさかの大逆転で大会を去ることになってしまった。

そうした中、『El Chiringuito』が驚きの話を伝えている。

メッシは試合後にドーピングテストの指名を受けたという。ただ、そのプロセスにあまりにも時間が長くかかったため、バルセロナのチームバスは彼を待たずに空港に向かったとか。

【関連記事】 「今季のバルセロナ、失望選手ワースト3」

その後、サンプルを提出したメッシがチームに合流するため特別な手配がなされたとも。