ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントとキットサプライヤーのPumaは9日、2019-20シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

デザインはイエローを基調としたクラブの伝統を継続。19-20シーズンはクラブ創設から110周年を迎えることもあり、ユニフォームもちょっとした110周年記念モデルと呼べるような仕上がりとなっている。

Borussia Dortmund 2019-20 Puma Home

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

イエローを基調にブラックの差し色という基本的なスタイルは変わらない。首周りのラウンドネックが、ややクラシックな雰囲気を醸し出す。スポンサーは胸が「Evonik」、左袖は「OPEL」で継続する。

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

NEWキットは背面に大きな変化が見られる。これまでは肩に選手名、腰にチーム名をプリントしていたが、今回はそれらの位置が入れ替わった。ネームナンバーは継続使用となる。

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム
ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

パンツとソックスはどちらも2種類をリリース。画像向かって左側(パンツはブラック、ソックスはボーダー柄)が基本スタイルとなる。