『90min』は13日、「ハノーファー96からは20名の選手が退団する可能性がある」と報じた。

今季ブンデスリーガからの降格が決定したハノーファー。浅野拓磨と原口元気が所属しているクラブは今夏大きな動きがあるようだ。

降格に対応するためには多くの出費を余儀なくされる。各選手の状況について解説されていたが、その中の浅野拓磨と原口元気に関わるところをご紹介すると…。

「今季、ハノーファーで戦っていた5名のローンプレーヤーは、彼らの元のクラブに戻る。

ボビー・ウッドはハンブルガーSV、ケヴィン・ヴィマーはストーク、ニコライ・ミュラーはフランクフルト、浅野拓磨はアーセナル、そしてケヴィン・アクポグマはホッフェンハイムへ。

彼らの購入オプションは行使できず、特にウィマーは1200万ユーロ(およそ14.7億円)で実行不可能である。結局のところ、彼らの出発で給与が削減できるというほかない。

更にハノーファーは何人かの選手を売りたいと考えており、24歳のワラシにはスポルティング・リスボンが接近している。

他の候補者としては、800万ユーロ(およそ9.8億円)の解除条項がある原口元気、イヴェル・フォサム、そしてユリアン・コルブだ」

【関連記事】日本人選手たちが海外で成し遂げた「偉業」を一気に振り返る! .

浅野を買い取る可能性はゼロに近く、原口元気も退団の可能性があるとのことだ。