『La Repubblica』は15日、「チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、ミランはGKジャンルイージ・ドンナルンマの売却を余儀なくされる」と報じた。

現在イタリア・セリエAで5位となっており、4位アタランタとの差が3ポイントとなっているミラン。

残りは2試合しかないことを考えれば、4位以内で得られるチャンピオンズリーグの出場権獲得はかなり難しくなっている。

チャンピオンズリーグに出場できなければそれだけの収入を失うため、ファイナンシャル・フェアプレー制度の基準を満たすためにスター選手を売却する必要性が生まれるそうだ。

放出されるのはGKジャンルイージ・ドンナルンマで、彼にはフランス・リーグアンのPSGが5000万ユーロ(およそ61.4億円)を準備しているとのこと。

PSGは今季限りでジャンルイージ・ブッフォンが退団する可能性が高まっており、その穴を埋められる守護神を探していると言われる。

【関連記事】ACミランの忘れられし契約 10選

一方、マンチェスター・ユナイテッドもダビド・デ・ヘアが退団した場合の代わりとしてドンナルンマをチェックしているとのことだが…。