17日に行われたJ1リーグ第12節の浦和レッズ対湘南ベルマーレで、明らかなゴールが認められないという大誤審が発生した。

浦和レッズが長澤和輝とアンドリュー・ナバウトのゴールで先行し、2-0というスコアで迎えた31分だった。

バイタルエリアで上手く受けた湘南MF杉岡大暉が左足でシュートを放つと、ボールは右ポストに弾かれ、左サイドネットを揺らし、そしてピッチの中へと戻ってきた。

浦和GK西川周作もボールをセンターサークルに戻そうとスローイングしたが、なんとゴールは認められず、試合は継続。

アンドリュー・ナバウトが湘南ゴール前に突っ込んだところでGK秋元陽太がキャッチし試合が切れると、湘南ベンチは猛抗議を開始した。しかしもちろん判定は変わらず、2-0のままで試合は続けられることに。

この判定に対し、同じJリーグでプレーしている選手たちからも次々と苦言が寄せられている。

大分トリニータの馬場賢治は「みんな1試合に人生かけて戦ってる。大事な大事なチャンスにかけてる。誤審でしたじゃすまされないよこれは」と書き、度を超えたものだったと指摘。

鹿島アントラーズの三竿健斗も「笑いをこらえきれないくらいひどすぎる」と判定の杜撰さに苦言を呈した。

他にも堀米悠斗(アルビレックス新潟)や田中順也(ヴィッセル神戸)、吉濱遼平、永石拓海(ともにレノファ山口)など多くの選手もこの場面に言及しており、Jリーグ始まって以来とも言える異例の事態となっている。

誤審によってゴールを取り消された湘南であったが、後半になんと3ゴールを奪い返す意地を見せ、敵地で勝点3を獲得する「反発力」を見せている。

【関連記事】VAR導入の引き金に?広島が激怒した“疑惑”の判定がこれ

今季は議論あるジャッジが多く見られているJリーグであるが、今回は映像で見ればその余地すらもないプレーであった。審判にミスはあるものとはいえ、ゴールラインテクノロジーやVARの導入を求める声は高まりそうだ。