23日、最新の日本代表メンバーが発表された。

コパ・アメリカも控えるなかどのような陣容になるかと注目されたが、そこには3名の初招集が含まれていた。彼らはどんな選手なのだろうか?

久保 建英(FC東京)

久保建英

17歳の高校3年生とはいえ「ようやく」といった感すらある。

川崎Fのユースに在籍した子供の頃からテレビで取り上げられるなど脚光を集め、同じ時期、ユーチューブで話題になった中井卓大(現レアル・マドリー)とともに“天才少年”として注目の的に。

その後バルセロナの下部組織に移り活躍をしたものの、ルール改正により18歳未満の外国人選手は退団せざるを得なくなり帰国するが、その後も決して成長速度を緩めなかった。

FC東京で15歳にしてJデビューを飾ると、年代別代表での目覚ましい活躍、今季はJ1首位に立つチームで開幕から主力としてプレーし、今回、待望の初招集となった。

【関連記事】これが久保建英!相手守備を無効化した「股抜きドリブル」、もう見た?

「日本のメッシ」と形容されるが、卓越した技術、頭脳的なプレーはイニエスタにも近い。同じポジションである堂安律とのポジション争い、あるいは共存も楽しみだ。