23日に開幕したU-20ワールドカップで、初日からいきなり歴史的な場面が生まれたぞ。

その試合はタヒチ代表vsセネガル代表。キックオフから間もなくMFロピがロングボールを入れると、FWバジがヘッドで落とす。

左サイドに流されたところを、ウイングのFWサニャが飛び出してシュート!これがゴールに決まったのだ(動画8秒~)。

なんとその時間はわずか9.6秒。これがU-20ワールドカップの歴史上最も早いゴールであった。

ちなみにこれまでの最高記録は1985年のワールドユースでナイジェリアのオディアカ・マンデーが決めた「14秒」。それを4秒以上更新するものとなった。

【関連記事】U-20W杯、「ブレイク即海外行き」もあり得る日本代表の5名

セネガルはこの後もタヒチを相手にペースを握り続け、サニャはハットトリックを達成。3-0で開幕戦を勝利で終えている。