今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退団するアリエン・ロッベン。

彼は2007年にチェルシーからレアル・マドリーに、そして2009年にバイエルンに移籍した。

『AS』によれば、バイエルンへの移籍は自身最高の決断だったとしつつ、こうも述べたという。

アリエン・ロッベン

「(クリスティアーノ・)ロナウドだけじゃない。

会長として戻ってきたフロレンティーノ・ペレスはロナウド、カカ、ベンゼマ、シャビ・アロンソを買った。

多額を費やしたので、(選手を)売却していくらか稼ぐ必要があると告げられたんだ。

失望したよ。マヌエル・ペジェグリーニ監督とはとてもいい関係だったからね。

それに、自分史上最高のプレシーズンを過ごしていたところでもあったんだ。

レアルの会長交代で難しくなったと感じたよ。

(レアルでは)本当に快適だったし、とてもいいプレーもしていた。

でも、政治が介入してきて本当のチャンスがなくなった時には、このまま戦い続けたいのか、別の場所でキャリアを続けたいのか決めなくてはいけないのさ」

【関連記事】レアル・マドリーでキャリアをダメにさせた10選手

ペレス氏が会長に復帰した2009年の夏にレアルは大型補強を敢行。その一方でロッベンやヴェスリー・スナイデル、クラース=ヤン・フンテラールらが売却された。