先週末に行われたJリーグ、松本山雅FCはアウェイで名古屋グランパスと対戦。杉本太郎のゴールで1-0と勝利を収めた。

その試合を決めた得点も重要なプレーだったが、終了間際に見せた前田大然のプレーも話題だ。

Jリーグ屈指のスピードスターとして知られる前田大然。しかも86分という時間でこのターンと持ち出しのキレ!シュートこそ枠に入らなかったが…。

【関連記事】日本代表、コパ・アメリカに招集すべき未知の3名

コパ・アメリカに向けた代表チームで、ついに招集を受けた前田大然。南米の強豪相手にもこの切れ味抜群の仕掛けを見たいところだ。