バルセロナを大逆転で下して、UEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を捥ぎ取ったリヴァプール。

伝説となった2ndレグでは、途中出場から2ゴールを叩き出したジョルジニオ・ワイナルドゥムも英雄に。

『Liverpool Echo』の記者によれば、決勝の相手であるトッテナムには彼の親友がいるそう。

ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプールMF)

「ニューカッスル時代、最初にご飯に誘ってくれたのは彼だったんだ。

決勝での90分間は僕らは友人ではなくなるだろうけどね。

自分にとって特別な人さ」

こう語ったのは、ムサ・シソコについて。

ワイナルドゥムとムサ・シソコ

2人は2015~2016シーズンにニューカッスルでチームメイトだった。

【関連記事】有名サッカー選手で友達になるなら、誰がいい?

期間的には1年だけだったが、代表戦でもユニフォーム交換をするなど仲良しになったようだ。