7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、リヴァプール対バルセロナは歴史的な試合になった。

1stレグで0-3と敗れていたリヴァプールが開始直後にゴールを決めると、それから大逆転に成功。2試合合計4-3でファイナルへの切符を奪い取ったのだ。

そして、UEFAがこの試合で「スキル・オブ・ザ・デイ」(本日最高の技術)として紹介したのが、ジョージニオ・ワイナルドゥムのこれ!

センターサークル付近でセルヒオ・ブスケツとアルトゥールの激しいプレッシャーを受けながら、ターンでその間を抜いていく見事なプレー。

【関連記事】リヴァプール史上最高の冬移籍トップ6

2ゴールを決めたワイナルドゥムであるが、もちろんこのスーパースキルも絶品だった。ベンチスタートだったことに怒りを覚えていたというが、それをいい形で発揮してくれたことに、クロップ監督も感謝しているだろう。