日本でも徐々に浸透しつつある『Uber Eats』。モバイルアプリを使って飲食店に出前配達を注文できるというものだ。

『RMC Sport』によれば、その『Uber Eats』がマルセイユの胸スポンサーになる可能性があるという。同チームは日本代表DF酒井宏樹が所属するフランス屈指の人気チームだ。

マルセイユの胸スポンサーは2017年からフランスの通信会社「Orange」が胸スポンサーを務めてきた。その契約期間は2021-22シーズンまでとされていたが、現在『Uber Eats』と交渉しているという。

また、『Uber Eats』は『Conforama』に変わるリーグアンの冠スポンサーにもなるかもしれないようだ。こちらは、年間に支払うスポンサー料は1500万ユーロ(18億円)程度とされている。

【関連記事】日本企業が胸スポンサーになった有名サッカークラブまとめ

ただ、『Uber Eats』のEatsは緑色で表記される。宿敵サンテティエンヌのチームカラーであるため、マルセイユのコアなサポーターにとっては懸念材料になりうるとも。