酒井宏樹が所属するフランス1部のオリンピック・マルセイユとキットサプライヤーのPumaは21日、2019-20シーズンに向けた新アウェイ&サードユニフォームを発表した。

今回はどちらもかなり独特なデザインが登場したが、それぞれマルセイユに関係のある建造物にインスパイアされている。

2019-20シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Olympique de Marseille 2019-20 Puma Away

マルセイユ 2019-20 Puma ユニフォーム

NEWアウェイキットはブルーを基調にホワイトの差し色と、定番のカラーコンビネーションが登場。目を奪われるシャツ全面の菱形グラフィックだが、これはホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」の屋根を支える構造物に触発されたデザインだという。

マルセイユ 2019-20 Puma ユニフォーム

背面も全面にグラフィックをあしらう。首元にはホームタウンであるマルセイユ市の旗・紋章と同じ“ブルーの十字”をプリントする。

マルセイユ 2019-20 Puma ユニフォーム

2019年でクラブ創設から120年を迎えるマルセイユ。レプリカユニフォームの左裾には各ユニフォーム共通で、120周年記念のジョックタグが付く。

マルセイユ 2019-20 Puma ユニフォーム

パンツとソックスもブルーを基調。ソックスには2本のボーダーをあしらい、前面にキャットロゴ、背面にチーム名の略称“OM”が入る。