『Corriere dello Sport』は26日、「ローマのフランス代表MFスティーヴン・エンゾンジは、クラブのメディカルチェックを無断欠席した」と報じた。

ローマは6月25日、夏に代表チームでプレーしなかった選手を対象にしたメディカルチェックを行ったとのこと。

しかしながらスティーヴン・エンゾンジはなぜかその会場に姿を見せることはなく、クラブは彼に罰金処分を課す準備をしているそうだ。

昨年夏にセビージャから3000万ユーロ(およそ36.8億円)でローマにやってきたエンゾンジであるが、セリエAではなかなか力を発揮することが出来ず。

今夏はフランス・リーグアンのリヨンに移籍する可能性があると言われているが、ローマは2500万ユーロ(およそ30.6億円)以下では売らない方針であり、取引するにしてもローンになると報じられている。

リヨンとしてもMFタングイ・エンドンベレがトッテナムに引き抜かれる可能性が高まっており、中盤の補強は急務となっているが…。

【関連記事】今夏は大型補強か、トッテナムが獲得しようとする13名の選手たち

エンゾンジがメディカルチェックに顔を見せなかったとすれば、彼自身が移籍を希望しているからか?それともただのうっかりミスなのだろうか?