アメリカ・メジャーリーグサッカーに活躍の場を移している元イングランド代表FWウェイン・ルーニー。

昨年は夏からの加入で12ゴールを記録したが、今季は先週まで早くも8ゴールを記録しており、所属するDCユナイテッドも現在リーグ3位と好調だ。

そんなまだまだ健在の33歳は、26日に行われたオーランド・シティとの一戦でも格の違いを見せ付けるスーパーなゴールを記録した!

これはワンダフル!

味方のクリアは相手にカットされたものの処理を誤る。そのボールを拾ったルーニーはハーフウェーラインよりも数メートルは手前の位置であったが右足を振り抜いた。

するとシュートは一直線にゴールへ!ポジションを前にとっていた相手GKブライアン・ロウの頭上を超え、ものの見事にゴールへと吸い込まれた。

判断力、技術ともに完璧の一発。おそらくは事前にGKの位置も把握していたのであろう。母国の先輩デイヴィッド・ベッカムの伝説のゴールを彷彿とさせたこの一発は、ルーニーにとって今季の9点目となった。

【関連記事】イブラヒモヴィッチが伝説ゴール!全米が震えた「超バイシクル」 がこれ

なお試合はルーニーのゴールが決勝点となり、DCユナイテッドが1-0で勝利している。