日本代表も招待国として参加したコパ・アメリカ。日本とも戦ったウルグアイ代表は優勝候補のひとつだったが、ペルーとの準々決勝に敗れてベスト4にも進めなかった。

PK戦で痛恨の失敗となってしまったルイス・スアレスは試合直後に号泣。だが、試合中には仰天シュートでネットを揺らすシーンもあった。それがこれだ!(動画1分29秒~)。

 

なんじゃこのあわせ方!

マルティン・カセレスのクロスに飛び込んだスアレス。なんとスライディングしながら左ヒザでボレーシュートを放つというスゴ技をやっていたのだ。これぞ世界屈指のストライカーという芸当だったが、オフサイドと判定されて、この得点は取り消しに…。

【関連記事】スアレス、日本戦でやった「恐怖の一撃」がこれ

なお、スアレスは日本戦で指を骨折しており、この試合も骨折したまま出場していた