『Talkingbaws』は1日、「ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァは、グラストンベリー・フェスティバルでパフォーマンスをした少年と連絡を取ろうとしている」と報じた。

グラストンベリー・フェスティバルはイングランドのピルトンという街で毎年行われている大規模なロックフェスだ。今年は日本のBABYMETALも出演したことで話題になっている。

そして、そこで大きな存在感を見せたのは観客として訪れていた15歳の少年アレックス・マン。

ステージに立っていたのはラッパーのデイヴ。『チアゴ・シウヴァ』という曲を演奏する前に、観客席のアレックス・マンを呼び寄せた。彼がチアゴ・シウヴァのユニフォームを着ていたからだ。

そしてステージに上げられたアレックス・マンは、デイヴとともに『チアゴ・シウヴァ』を歌う!(※パフォーマンスの動画は2:00あたりから)

この映像をSNSで見たチアゴ・シウヴァ本人は、コパ・アメリカを戦っている最中でありながらも、アレックス・マンにメッセージを送ったのだという(その内容は秘密だそう)。

【関連記事】サッカー関係者の奇妙なテーマソング、TOP10

ちなみにこのステージに上げられたのは完全なデイヴのアドリブで、『Guardian』のインタビューによればアレックス・マンは歌手になるつもりはまったくないと語っているようだ。