南米最強国を決めるコパ・アメリカの準決勝でブラジルとアルゼンチンが激突した。

リオネル・メッシは再び国歌斉唱をするなど意気込みを見せたが、シュートがポストに嫌われるなどこの日も得点なし。またも代表でのタイトルには届かなかった。

そのなかでも、メッシはメッシだったと話題になっているのがこのシーン!

ボックス内で包囲されるも、圧巻のボールテクニックで相手を翻弄!次元の違うボール扱いを見せたものの、あそこから何も起きないのが、今大会のアルゼンチンでもあった…。

【関連記事】なぜメッシがいるのにアルゼンチンは勝てない?その理由がこれ

試合後、メッシはVARのレビューがなかったことに苦言を呈していたとか。

アルゼンチンは6日に3位決定戦を控えている。果たして、メッシの出場はあるだろうか。