『HITC』は4日、「大連一方の監督に就任したラファエル・ベニテス氏が連れて行く可能性がある3名」という記事を掲載した。

昨季は武藤嘉紀が所属していたニューカッスルの監督を務めたベニテス。しかし今夏彼は大きなオファーを受けたことで退任し、中国の大連一方へと渡っていった。

そして『HITC』はそれに続いて中国へと移籍する可能性がある選手を以下のように取り上げた。

ミゲル・アルミロン

「アジョセ・ペレスがレスターに売却された後、ニューカッスルはアルミロンを3500万ポンドで売りたがっている。近年南米の選手が多く中国に渡っており、彼がベニテス監督の後を追っても驚きではない」

クリスティアン・アツ

「正直に言えば、ニューカッスルのファンの一部はアツの放出を見たいと考えているだろう。ビッグマネーのために中国に行くことが両者にとっての幸せになるだろう」

武藤嘉紀

「まだうまく行っていない新戦力だ。彼は日本のJリーグでプレーした経験がある。

タインサイドで戦った初年度の苦戦を考えると、ニューカッスルとの別れがあっても驚きではない。

中国でプレーすることは武藤にとって違った経験になる。彼はドイツ、日本での経歴を持っており、違ったタイプのリーグでプレーすることに慣れている」

【関連記事】宇佐美に続くのは?今夏Jリーグに復帰するかもしれない海外日本人選手5名

書き方を見れば、具体的な報告はないものの退団の可能性は高いと考えられているということだろうか。