シーズン当初は絶不調だったものの、13位でプレミアリーグ残留を決めたニューカッスル。

『Daily Mail』によれば、マイク・アシュリー会長はもし残留した場合にはチーム全員のバカンス費用を肩代わりすると約束していたとか。

最初にこの話があったのは昨年10月で、チームをラスベガスに連れていくというものだったとされている。その後、ニューカッスルが残留濃厚となった4月には「ニューカッスルの選手たちはオーナーが約束を守るか注視している」と報じられた。

だが、その記事を執筆した同紙の記者が5月12日付でこうツイートしていた。

「先月に数人のニューカッスル関係者が予期していたように、ラスベガスへのバカンスご褒美はつぶれた」。

オーナーが約束を反故にしたのか、何らかの理由で旅行は中止になったのか…。

【関連記事】 今季のプレミアリーグ、価値が暴落してしまった7選手

とにかく、今季1ゴールに終わった武藤嘉紀の来季の奮起に期待しておこう。