イングランドサッカー界で問題になっている、ユース年代の選手たちに対する指導者の性的虐待。

そうした中、『BBC』は、子供への性犯罪容疑で捜査されていたワトフォードの元理学療法士が死亡したと伝えた。

5月31日、60歳のフィル・エドワードは10代少年への性的行為などの疑いで逮捕。一旦は保釈されていたが、それから数週間後に遺体が発見されたという。

警察当局によれば、その死に不審な点はないとのこと。『The Sun』では、自殺したとみられるとも伝えている。

ワトフォードは元雇用者に疑いがかけられていることを深刻に受け止めていると表明していた。